育毛サプリ比較ナビ - 通販ランキング・口コミなどTOP > 主な成分とその働き > 生え際の後退に

生え際の後退に

 

生え際に効くサプリとしては、ナツシロギク、イソフラボン、ミレットエキスなどがあります。

 

と言っても、薄毛や抜け毛の症状で額の生え際から後退していく原因ははっきりしませんが、男性ホルモンのテストステロンが大きく関係していると言われています。

テストステロンは、毛乳頭内にある5αリダクターゼという酵素と結合することによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というものに変化します。

 

このDHTは、毛乳頭のレセプター(受容体)と結合することで、毛母細胞の活動を低下させます。

 

これにより、髪の毛が充分に成長しきる前に抜けて薄毛をもたらすわけです。

 

そこで、生え際に効くサプリメントとしてはDHTを抑制するものが有効となります。

 

また、充分な栄養を毛乳頭へ行き渡らせるサプリメントも摂ることが有効的です。

 

そして、過剰な皮脂の分泌を抑制するために、ビタミンB2、B6の摂取も有効ですね。

 

ですが、生え際の薄毛の解消は、育毛・発毛の中でも難しいと言われています。

 

そのため、生え際の薄毛は事前に対策を行なう事が重要となります。

 

育毛シャンプーを使い、頭皮から分泌される汗や脂、古い角質などを取り除き、頭皮を清潔に保つことです。

 

また、有効な発毛剤で頭皮のマッサージも行うと良いですね。

 

その上で、ノコギリヤシ、ビタミンB、亜鉛などのサプリメントも摂るようにして、中と外から頭皮のケアを行うようにすることが、生え際の薄毛を防ぐことになります。

 

生え際の薄毛が特に深刻な場合は、専門医の指導も受けて適切な対処を行うようにすることをおすすめします。

 

主な成分とその働き記事一覧

亜鉛の働きとは?

亜鉛は、髪の生育には不可欠なミネラルと言われています。これには、抜け毛の最大の原因と言われる活性型男性ホルモン(DHT)を作り出す、5−αリダクターゼの活動を抑える働きがあ...

ノコギリヤシの働きとは?

最近、育毛効果があるとして注目されているノコギリヤシは、昔から北米のインディアンが強壮作用のある食料として用いてきました。そのエキスには、前立腺肥大の抑制作用があることが知...

大豆イソフラボンとカプサイシンの働きとは?

カプサイシンとイソフラボンの両方を、適量に摂ることで育毛を促進させる「カプイソ育毛」というものが注目されています。そもそもカプサイシンは唐辛子に含まれ、イソフラボンは大豆に...

抜け毛・薄毛に

良く知られている育毛サプリとして、ノコギリヤシ、亜鉛、大豆イソフラボンなどがありますが、抜け毛や薄毛に対する作用は中長期的に報告されています。それらを医薬品のミノキシジル、...

生え際の後退に

生え際に効くサプリとしては、ナツシロギク、イソフラボン、ミレットエキスなどがあります。と言っても、薄毛や抜け毛の症状で額の生え際から後退していく原因ははっきりしませんが、男...